MENU

ワキガに打つ手はあるのか

ワキガに悩む人は世の中にたくさんいます。
ですが、この悩みは経験しないとなかなかその苦しみがわからない事かもしれません。

 

ワキガの臭いは独特なので、おさえたくてもおさえきれず、
どうしても周囲に迷惑をかけてしまう
場合が少なくありません。

 

相手がその臭いで、不快感を顔に出した時には気まずい思いもします。
そうなると、他の人とコミュニケーションをとるのも怖くなったりして、
自信を持って人と関わる事が難しくなってしまうかもしれません。

 

ワキガの人にとって夏の時期はとても困ります。

薄着で汗をたくさんかくので、より相手に臭いが伝わってしまうからです。

こまめに着替えるわけにもいかず、その場をしのぐのはとても大変かと思います。

 

市販の制汗スプレーなどを利用してもあまり効果がなくて、がっかりしていたりしませんか?

 

このサイトでは、そんなワキガの悩みに苦しむ方々のために、
色々な予防方法や対策をご紹介していきたいと思います。

 

まずは、ワキガの原因について考えてみます。
そもそもワキガの原因には、大きく分けて2つの要素があります。

 

■遺伝などの先天的要素

まず、ワキガの人に多いのが遺伝です。
両親のどちらかでもワキガがあった場合、遺伝的に受け継ぐ可能性はとても高くなります。
この場合は、自分ではどうする事もできないので仕方がありません。
ですが、遺伝だからといって対策を諦める必要はありません。

 

■ホルモンバランスの崩れなどの後天的要素

成長期は男性ホルモンの上昇が著しく大きいと言われています。
ニキビなども、この男性ホルモンの影響です。
男の子でも女の子でも、思春期の頃の成長期は男性ホルモンが増加し、体臭がきつくなります。
それに加え、部活動などの、運動を多く行う子は汗をたくさんかく機会が増えます
制汗スプレーなどを使い始めるのもこのぐらいの年頃が多いかもしれません。
この時期の体臭は、一過性のものがほとんどで、成長と共に自然に治まってきます。

 

成人の場合、女性であれば生理前などのホルモンバランスが崩れる時もワキガの原因になり得ます。
男女共、飲酒や喫煙なども原因になるので注意が必要です

 

ワキガは、様々な体調の変化と共に起こる事がありますので、
健康管理をしっかりと行う事も、ワキガ対策として重要な事です。