MENU

デオプラスラボの使用は正しい用量で

デオプラスラボ」はワキガに効果があると言われる商品のひとつです。

 

デオプラスラボを扱うサイトを見ていると、これを塗った事で脇がかゆくなったという記述を見る事があります。

 

インターネットの口コミは、多くの人が参考にしています。
そこで評判があまり良くないと、この商品は大丈夫なのだろうかと心配になる事と思います。

 

確かにデオプラスラボを塗って、脇がかゆくなる事があります。
ではそれは、どのような場合なのでしょうか。
ワキガ対策でお悩みの方に、その原因についてお伝えしたいと思います。

 

デオプラスラボを塗ってかゆくなる原因には。大きく分けて2つあると思われます。

 

@量を多く塗り過ぎている

デオプラスラボは消臭効果が高いのですが、その有効成分のひとつにデオプラスラボの成分であるイソプロピルメチルフェノールという成分があります。

 

強い殺菌を持つこのイソプロピルメチルフェノールには、
ワキガの臭いの元となる菌を撃退する効果があります。

 

 

ワキガの臭いを消したくて、このデオプラスラボをついつい塗り過ぎてしまう事は少なくありません
もともと効果の強い成分なので、その殺菌効果ゆえにかゆみが出てしまうのです。

 

適性な使用量で十分に効果を期待できますが、多すぎは良くありません

 

デオプラスラボは医薬部外品として認可されている商品ですので、
用法、用量を守って正しく使用すれば、ほとんど害はありませんのでご安心ください。

 

 

Aイソプロピルメチルフェノールにアレルギーがある場合

体質的に、イソプロピルメチルフェノールにアレルギー症状が出てしまう場合はあります。
その際はただちに使用を停止してください。
アレルギーの場合は、100%の返金保証制度もあります。

 

 

デオプラスラボとよく比較して販売されているのがラポマインです。

 

双方に、ワキガには効果があり、どちらも優れた商品である事は間違いありません。

 

ただ、もしラポマインを販売するサイトで、
デオプラスラボの効果について、無効とか害があるとうたっているものがあれば、注意する必要があります。

 

商品を売りたいあまりに、公平性に欠ける表現を多く用いている場合、
消費者に正確な情報が伝わらない恐れがあるのです。

 

体質は人それぞれ違いますので、その効果を実感するためには、
ご自身で試してみてみる事が一番いいと思います。